FC2ブログ

プロフィール

しゃーろっく

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洗面台

お風呂が決まったところで、洗面台もTOTOとINAXで比較しました。

ところで、今まで勘違いをしていました!
設備について、入れられる制限があるのかと思っていたのですが、基本的に、設計に合えばどんなメーカーのどんな種類の設備も入れられるみたいです。
ただし、積水のプランに標準で価格が含まれている設備があったり、割引率が積水対応のものだと圧倒的によかったりするということだそうです。

逆に言えば、積水対応ではない市販品を入れたい!となると、お高くなるということ。

なぜそれが分かったかというと、洗面台の選定でそのパターンに引っかかったからです
それについては、おいおい書いていきます。

まず、TOTOとINAXで比較してみました。積水標準に対応していたのは以下の通り。
TOTOは、サクアの積水対応品と積水オリジナル品。
INAXは、エルシィとピアラの積水対応品。

どちらもほぼ機能は変わらなかったのですが、TOTOの方が下の引き出しのパターンが使いやすいのと、水栓の位置とボウルの深さが洗髪しやすそうだったので、TOTOに決めました。
先に決めていたお風呂とセットになるというのも理由の一つです。

ここで、先ほどのお話。
TOTOショールームで実際に使い勝手を見ている時に、ふと隣に置いてあった「オクターブ」の水栓とボウルが使いやすそうだと思い、標準対応ではなく市販品であるオクターブでの見積もりをお願いしてしまったのです
結果、当然値段が上がっていてびっくり
倍ぐらい違いました
理由は先ほど書いた通りだったのです。。。

入れられない訳ではないので、値段を取るか、気に入った方を取るか、という選択になりました。
今週末の打ち合わせまで、少し悩もうかと思います

追記
結局、値段アップを飲んで、気に入ったオクターブを入れることにしました!
ちなみに、値段が倍くらい違ったのは、オプションで鏡を手前に引き出せるようにしたり、縦長の収納棚をつけて、洗面台自体を大きくしたことも理由であると思います。
それにしても、極端に値段が違うので、逆に対応品は大丈夫なのか?と疑ってしまいたくなりました
何を削ったらそんなに安くなるのか。。。
特殊ルートなためなのか、色々と謎です。
スポンサーサイト

<< 壁にゴミをいれるという噂 | ホーム | お風呂 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。