FC2ブログ

プロフィール

しゃーろっく

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

壁にゴミをいれるという噂

ネットでひそかに噂になっている、積水ハウスは壁の見えないところにゴミをいれているというお話。

真相は、現場監督さんからのご説明と戴いたこちらの資料で分かりました。


施工の際、部屋の形や窓の形に合わせて材料を切り取るため、床板や石膏ボードの端材が出てくるそうです。
この端材は通常ゴミとして捨てられるのですが、リサイクルのために、これらを見えない部分の補強に使うということだそうです。

例えばキッチンボードの裏側の補強や収納の補強など。

強度的には、なんら問題もなく、見た目も変わらないとの説明でした。

最近はネットでゴミをいれている等の噂になったため、このように同意書を書かせた上で行っているそうです(以前は???)。

環境に配慮した取り組みで、ぜひご協力を、とのことでした。

なんとなく怖い噂かと思っていたので、きちんと理由が分かって良かったです。
スポンサーサイト

洗面台

お風呂が決まったところで、洗面台もTOTOとINAXで比較しました。

ところで、今まで勘違いをしていました!
設備について、入れられる制限があるのかと思っていたのですが、基本的に、設計に合えばどんなメーカーのどんな種類の設備も入れられるみたいです。
ただし、積水のプランに標準で価格が含まれている設備があったり、割引率が積水対応のものだと圧倒的によかったりするということだそうです。

逆に言えば、積水対応ではない市販品を入れたい!となると、お高くなるということ。

なぜそれが分かったかというと、洗面台の選定でそのパターンに引っかかったからです
それについては、おいおい書いていきます。

まず、TOTOとINAXで比較してみました。積水標準に対応していたのは以下の通り。
TOTOは、サクアの積水対応品と積水オリジナル品。
INAXは、エルシィとピアラの積水対応品。

どちらもほぼ機能は変わらなかったのですが、TOTOの方が下の引き出しのパターンが使いやすいのと、水栓の位置とボウルの深さが洗髪しやすそうだったので、TOTOに決めました。
先に決めていたお風呂とセットになるというのも理由の一つです。

ここで、先ほどのお話。
TOTOショールームで実際に使い勝手を見ている時に、ふと隣に置いてあった「オクターブ」の水栓とボウルが使いやすそうだと思い、標準対応ではなく市販品であるオクターブでの見積もりをお願いしてしまったのです
結果、当然値段が上がっていてびっくり
倍ぐらい違いました
理由は先ほど書いた通りだったのです。。。

入れられない訳ではないので、値段を取るか、気に入った方を取るか、という選択になりました。
今週末の打ち合わせまで、少し悩もうかと思います

追記
結局、値段アップを飲んで、気に入ったオクターブを入れることにしました!
ちなみに、値段が倍くらい違ったのは、オプションで鏡を手前に引き出せるようにしたり、縦長の収納棚をつけて、洗面台自体を大きくしたことも理由であると思います。
それにしても、極端に値段が違うので、逆に対応品は大丈夫なのか?と疑ってしまいたくなりました
何を削ったらそんなに安くなるのか。。。
特殊ルートなためなのか、色々と謎です。

お風呂

今回はお風呂、システムバスについて書きたいと思います。

お風呂で我が家が重視するポイントは「バスタブの縦の長さ」
夫の身長が190㎝近くあるので、普通のバスタブでは足が伸ばせないため、そこだけは奮発しようと決めていました。

通常、積水ハウスではオリジナルブランドのシステムバス(バスコア)がプッシュされます。
しかし、TOTOやINAXの商品も選べるということで、実際にTOTOとLIXIL(INAX)のショールームに見学に行って比較しました。

この時、初めて知ったのですが、積水で他のメーカーの商品を入れる時に、「積水対応商品」というものがあるということです。
例えばINAXでは、「キレイユ」と「ラバス(すでに廃盤?)」、TOTOでは「サザナ」と「スプリノ」が入れられるそうなのですが、市販されているこれらの商品と微妙に違うとのこと。
選べるオプションやカラーが限定されていたり、見えないところ(棚の材質など)がちょっと違ったりして、市販商品よりも安い価格なのだそう。
そのため、ショールームで「積水で設備を検討中です」とお伝えすると、積水仕様を紹介してくれます。
実際聞いてみると、市販商品とほぼ違いがなかったので、大まかな機能としてはあまり気にしなくても良いと思います。

比較ポイント

1.バスタブ
 3社とも、保温効果のあるバスタブです。
積水のみ、巻き蓋が標準で、他は保温効果のある組蓋が標準です。
肝心の「バスタブの縦の長さ」。
間取りの関係で、バスルームが1618、または1818で入るもので底の部分が一番縦長のものを比較。
半身浴タイプ(中で段差になっている)のものは、縦長でも底の部分が短いので除きます。

TOTOは「クレイドル浴槽」で、1500㎜
INAXは「ラウンドライン」で、1410㎜
積水オリジナルのみ1818サイズ対応で、1348㎜

実際に夫がバスタブに入ってみると、TOTOのものが一番足を伸ばせるタイプでした。

2.床
TOTOは「ほっカラリ床」という水はけがよく、断熱や衝撃吸収する床で、踏むと柔らかく暖かいかんじでした。
http://www.toto.co.jp/products/bath/sazana/tokuchou/#tokuchou01

INAXは「キレイサーモフロア」という、TOTOとほぼ同じ機能の床でしたが、表面の凹凸が大きく、ざらざらしたかんじでした。
http://www.lixil.co.jp/lineup/bathroom/unit/kireiyu/feature/kirei_thermo.htm

積水オリジナルは「らくり~んフロア」という、お手入れがしやすい床で、踏み心地はやや固めでした。
http://www.rakuyokurakuza.jp/function/rakuri-n/02.html

ということで、機能も踏み心地も一番気に入ったのはTOTOでした。

3.シャワーヘッド
TOTOは、節水のエアインシャワーが標準ですが、これは実際手に当ててみると水圧が物足りないかんじ。手元クリックでON/OFFできる通常タイプに変更できるか問い合わせ中です。
INAXも、節水のエコフルシャワーですが、こちらは試すことはできませんでした。手元クリックでON/OFFは標準装備。
積水オリジナルは通常のシャワーで、手元クリックでON/OFFは標準装備。ただし、積水のみシャワーヘッドがメタルではなくプラスチックでちょっと安っぽい感じ。

4.排水口
 3社ともゴミが捨てやすい構造ですが、積水が横長の排水口で捨てやすそうでした。

5.鏡
 INAXの鏡だけ、よくある縦長の小さい鏡でデザインが微妙でした。

これらを比較し、お風呂はTOTOのサザナ(積水仕様)を採用することにしました!
特にバスタブは実際に体を入れて見ないと分からないので、ショールームを回って試した甲斐があったと思います。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

続きを読む »

キッチンオプションについて

ショールームでは、他にもシステムキッチンやカップボードのオプションを色々紹介してもらいました。
いずれもつけませんでしたが、感想を参考までに。。。。

引き下ろし式吊り戸棚
棚を手動で下まで下ろすことができるものです。
重いし、でかいし、入れられる量が減るし、カタログで見るより便利ではない
入れる人は少ないとのこと。確かにこれは要らないです。。。

電動式シンクキャビネット
シンクの下のキャビネットに軽く触れるだけで、自動で開きます!
うっかり触って開いてしまい、びっくりしました!
スイッチを切れば普通の手動に戻るので、お子さんがイタズラする時期は手動にすることも可能です。
以前、テレビで芸能人の杉本彩さんのキッチンにこの機能が付いているのを見たことがありますが、確かに便利ではありますね。
でもお値段が可愛くない。。。
庶民は手で開けますから良いです~

キッチンのワークトップがストレートステンレス
いわゆるボコボコのない、本当のステンレスです。
料理研究家や料理にこだわりのある方が、あえて選ぶそうです。
もちろん傷つきやすいそうですが、傷がついてこそなんぼ!きちんとお手入れしてピカピカにするぞ!という考え方だそうです。
確かに、プロのキッチンはオールステンレスですよね~。
こちらも、お手入れの手間を考えて却下です。

ワークトップだけでなくシンクも人工大理石
これは、絶対にやめた方がよい!と営業の方に止められました!
時間が経つと色がくすむし、食器を落とすと簡単に割れるそうです。
これこそ、見た目重視の品物だそうです。
ごく稀に選ぶ人がいるそうです。

カタログで見ただけでは分からないことって、本当にあるものですね。
やはり出来ればショールームに足を運ぶことが大事だな、と実感しました

カップボードについて

システムキッチン同様、カップボードもクリナップのクリンレディを選択しました。

カップボードは、食器棚部分や引き出し部分、吊り戸棚部分など、各パーツに分かれています。
最初は、カタログに載っているパターンしか選べないと思ったのですか、クリナップの方に聞いたところ、実はそれぞれ好きに組み合わせられるとのことで、ショールームで実際に見ながら決めました。


当初選んだのは、黒色で印刷されているパターンでした。
右側から、食器棚、電化製品入れ、引き出し付きゴミ箱スペース、そして上部に吊り戸棚です。

ここから二点変更しました(手書きの赤線部分)。

一つ目は、ゴミ箱を大きいサイズのものを入れたかったため、ゴミ箱スペースの引き出しを一段にしました。
大きいものはキャスター付きを購入予定です。
小さいゴミ箱ならば、蓋つきのものも蓋を開けてもぶつからないので、入りそうです。

二つ目は、電化製品入れを引き出し4段に変更しました。
これは、炊飯器を蒸気レスのものに買い替えて、カウンター部分に乗せることにしたからです。
これは、引き出し式の電化製品入れだと、いちいち引き出すのが手間だったからです。
また、引き出し式ではなくファン付きの棚にすると値段もアップするため、だったらそのアップする分で炊飯器を買い替えた方が早い!と思ったのです
カウンター部分に、電子レンジ、トースター、炊飯器を並べて、使いやすい配置になりそうです。

システムキッチンについて

今回は、主婦の一番の力の入れどころ、システムキッチンについて書きます。

積水の標準プランでは、システムキッチンは「クリナップ」または「パナソニック」が選択できます。

ここで、知り合いの水回り関係の仕事をしている方にお聞きしたところ、
「迷わずクリナップにした方が良い」
理由は、クリナップは老舗で物がしっかりしているから、10年後の持ちが全然他のメーカーと違うよ!とのこと。

ということで、まずはクリナップを選択しました。

今回標準で入っていたのはクリナップの「クリンレディ」というシリーズ。
http://cleanup.jp/sp/?banner_id=0527y59

ネットの口コミを見たり、ショールームを見学して各パーツ?を次の通りに選択しました。

1.ワークトップ
 ステンレス(コイニング柄(ドット柄))にしました。
クリナップの営業の方もおっしゃってたのですが、人工大理石は見た目は綺麗だが、やはりシミができやすく、シミ・傷ができると一回5万くらいで削らないといけないそうです。
対して、クリナップのステンレスは、表面にドット加工がされているため、傷つきにくく持ちがよいとのこと。
偶然、今住んでいるアパートがこのステンレスで、新築で入居して10年経っても綺麗で手入れがしやすいので、迷わずこちらにしました。

2.レンジフード
 デモで見せていただいて、すっかり気に入った「洗エール」にしました。
http://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/cl_built_ragehood.shtml
 これは、お掃除がすごく楽ちん♪
月一回、給湯トレイにお湯を入れて本体にセットし、洗浄ボタンを押すとファンフィルターに集めた油汚れを自動で洗浄してくれるのです!
約10年間ファンフィルターを取り外さずに掃除できちゃうなんて、すばらしい☆
キッチンで一番掃除したくない場所も、これで楽勝です!

3.食器洗い乾燥機
 ネットの口コミを見て「深型」タイプのもの。
浅型には入らない大きいお皿も楽々入るし、家族分の食器も一気に洗える大容量です。

4.キャビネット
 うきうきポケットという、小物入れが自動的に上がってくるポケットがついていたのですが、そこだけ壊れそうな予感がしたので、うきうきしないタイプに変更して金額を下げました。

5.IHクッキングヒーター
 パナソニックの3口IHで、ラクッキングリル付のものにしました。
標準では2口IHとラジエントヒーターが付いていたのですが、ラジエントヒーターは使わないし、そこだけ熱いので小さい子には危ない!という口コミを見て、3口にしました。
 ラジエントヒーターとは
http://www.best-alldenka.jp/product/ih/ih_sikumi_rh.htm
 そして、ラクッキングリル
ヒーター部分が隠れていて庫内が楽に拭ける構造の上、焼き網がないのでお掃除が簡単♪
クリナップ営業の方曰く「お魚がふっくら美味しく焼けるよ~」とのこと。
実際にお魚を焼くのが楽しみです!
http://sumai.panasonic.jp/ihcook/feature/racook.html

キッチンは毎日使うところなので、使いやすそうなものを選べて満足です。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。