FC2ブログ

プロフィール

しゃーろっく

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

換気システムについて

積水ハウスの換気システムについて、イズオーダーでは標準で「アメニティ換気システムⅡ」というものになっています。

そもそも、これってどんなシステム?
他にはどんなのがあるの?

遅ればせながら、いただいたカタログやネットで調べてみました

こちらのサイトを参考とさせていただきました。
http://meimana.hotcom-web.com/wordpress/対決%E3%80%80積水ハウスvsヘーベルハウス(換気装置)

積水ハウスの換気システムは、大きく4つあります。

ハイブリッド換気システムⅣ

窓や壁に付いてる換気口から自然に入ってくる空気が、屋根裏にある換気扇によって外に出される仕組み。
第3種換気です。
ランニングコストは、50円/月。
コストはとても良いですが、これだけだと換気が不十分なので、窓を開ける換気も必要そう。

これをアップグレードすると、「アクティブ給気扇」と「サイクロンユニット」が付きます。

これは、給気扇で給気を増やします。
給気はサイクロンユニットを通ってくるのでゴミとか花粉とかを取り除いたものになります。
第1種と第3種換気です。
ランニングコストは、200円/月。

アクティブ換気Ⅳ

陸屋根と片流れ屋根で使用されるもので、基本的にハイブリッド換気システムⅣと同じです。
これもアップグレードできます。

アメニティ換気システムⅡ

給気口から入った空気が、サイクロンユニットを通って綺麗にされた後、熱交換器で温度調整されて各部屋に供給されます。
第1種換気です。
ランニングコストは、1500円/月。
平屋だと、1000円弱/月(建築士さん曰く)。
外の冷たい空気を暖めてから取り入れるので、暖房効率は良くなります。
しかし、暖かい部屋と寒い部屋があると、寒い部屋の冷たい空気が混ざってしまうのではないか、との意見もあります。
ただし、窓を開けたり窓の換気口を開けなくて済むので、防音には有効ではないかとのこと(建築士さんの意見)。

エアシーズン
全館空調システム(冷暖房・換気・除湿・加湿)。
定期メンテナンスが必要で、年1回10,500円。

なるほど。こうなると、何を求めるかでどれを採用するか決まりそうですね。

うちで求めるのは暖かさ・防音・花粉対策。
ということで、今の通りアメニティ換気システムⅡで良いと思いました。

ところで、アメニティ換気システムⅡにすると、当然、窓の開閉式換気口はいらないはず。
しかし、図面ではバッチリついているのです。
青で丸を描いた部分です。

換気口があることで、たとえ閉じていても防音や気密性の面で不利になるのでは???

建築士さんにお聞きしたところ、通常サッシに換気口は付いている仕様だが、確かにアメニティ換気システムⅡでは使わないし、気密性も下がるので、付けないこともできるそう。
早速、換気口が無いサッシにしてもらうことにしました!

これで、少しでも暖かい&静かな家になれば嬉しいです
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

積水ハウスとの打ち合わせ(8)

今回は、新たな見積もりについて説明があった後、間取りの修正、壁や窓及びドアの種類、エアコンの位置などを決定しました。

まずはドキドキの見積もり
色々変更したため、約100万円のアップです

予想はしてたものの、やはり結構上がりました
ただし、高かったのは予想していたものではありませんでした!
屋根を全体的に軒を伸ばしたところや、部屋を増やしたところが高いのかと思いきや、そこは対したことなかったのです。

ずばり高かったのは、玄関の引き戸と四枚窓!

普通の片開き戸が15万円なのに対し、引き戸は40万円!

三枚窓が24万円だったのが、四枚窓は47万円!!

引き戸はガラスに格子が入ってるものですし、四枚窓もガラス面積が増えてますし、ガラスが高いってことなのかもしれません。

引き戸はどうしても譲れないとしても、四枚窓は金額が折り合わなければ諦めるかもしれません(弱気)。

次に間取りの修正や諸々の決定
間取りは、前回のラフ画から大きな変更なしでいけそうです!
窓の開閉式の換気口を外してもらったり、収納の変更など、細かい修正で済みそうです。

続いて、サンプルを見ながら色々と決定!全体的に落ち着いた色合いにまとめました。
事前に展示場や住まいの参観日で大体の色合いを考えていたので、スムーズに決まりました。

外壁:ダインコンクリートの小端積みで、色はセラミックホワイト(真っ白より少し落ち着いた色です)
サッシ:シルバー
屋根:平板瓦のストレートブラック、軒もそれに合わせた暗い色
玄関の引き戸:格子タイプの色はウォールナット

次回は、いよいよインテリアコーディネーターさんも加わって内装や設備の打ち合わせです!
またまた、細かく金額が上がりそうな悪寒、ではなく予感(笑)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

間取り(6)

この間変更した間取りをきちんとした図面にしてもらいました。

ラフ画と同じく、納得の間取りになりました☆

ただし、玄関の北側のポーチが消えてたり、玄関の収納が手前にトール型が来ていたりと謎の変更があったので、修正してもらいました。
やはり、毎回図面は細かく見ないと危険ですね

それから、北東の部屋に作り付けの本棚が欲しい!とお伝えしたところ、部屋の中ではなく、部屋の中ではなく廊下に面して本棚を作ってはどうか?と提案されました。

なるほど!

確かに、将来的に子供の部屋として使う場合、一々本を取るために部屋に入るのはためらわれるかも。
共用の本棚として使うのであれば、廊下に面した本棚はナイスアイデア
それで図面と見積もりをしてもらうことにしました。

あとは、三枚から四枚に変更した窓の金額が予想以上に高かったこと
トータル金額で折り合わなければ、三枚に戻すかもしれません

とはいえ、だいぶ理想の形が固まったので、今後は大きな間取り変更ではなく、こういった細かい修正で済みそうです
ひとまず一安心です。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

積水ハウスとの打ち合わせ(7)

契約後、初めての打ち合わせを行いました。いよいよ建築士さんも一緒に打ち合わせとなります!

今回は、大きな所から確認ということで、土地に対する建物と駐車場の位置から始まり、屋根の形や窓とドアの位置、間取り、最後に備え付けの収納関係の案を詰めていきました。

まず、かねてから夫がこだわっていた屋根の形について。

平屋のカタログを戴いた時から、写真のような四寸勾配の軒が長い屋根に憧れていました。
前回の夢工場のモデルハウスを見て、ますますその熱が高まってしまったのです。
今更ながら四寸勾配にして軒が伸ばせないかお聞きしました


結論からいうと、今のプラン(イズオーダー)では無理!


あらためてプランの説明をされたのですが、四寸勾配の屋根はビーサイエでのみ扱っていて、他のプランは五寸勾配なのだそう。
なお、ビーサイエは外壁がダインコンクリートではなくエコルディック外壁になってしまうそうです。
さらに!今から仮にビーサイエに変更して軒を伸ばすと、金額はかなり上がるとのこと。営業の方の顔色が青ざめます
さすがに、駄目元でお聞きしたことだったので、プラン変更は諦め、せめて今の屋根で軒だけ伸ばした見積もりをもらうとこにしました

仕切り直して、まずは駐車場の位置の変更。
和室の外に車が迫っていて窓から出にくいことを伝えると、あっさり駐車位置を変えた図面を提案されました(下写真の青い線の位置から赤い線の位置に変更)。

レスポンスが早いって素晴らしい!!
サクサクっと、外構の大まかなイメージが固まりました。

次に、窓やドアの位置と形。
以前営業の方に伝えていた要望は、あまり建築士さんに伝わっていませんでした
あらためて、寝室の窓を掃き出し窓へ、玄関を引き戸に変更してもらいました。
玄関の引き戸は、本当は閉めていても一部網戸になるタイプが良かったのですが、扱いが無いとのことで残念。
よくある格子のタイプと内側に網戸をつけてもらうことにしました。
リビングの窓も、三枚窓から開きやすい形の四枚窓へ変更。
カタログを見ながら、こちらもサクサク進んでいきます。

そして、問題の間取り!
ここで以前提案されていた間取りにやや戻し、前回減らした洋室を二つに戻しました
それに伴い、廊下や収納の位置をずらしてかなり納得のいく間取りになりました
変更部分は主に赤い線で囲んだ部分。


自分達であれこれ悩んでいたのが嘘みたいに、こちらの提案に対し建築士さんが目の前でサクサクと変えていく様は、まさに魔法のよう

契約前の打ち合わせから居てくれれば早かったのでは?と思うのですが、そうもいかないのでしょうね
今度こそ大きな変更はない、はず!!(笑)

最後に、備え付けの収納もカタログを見て決めました。
あのカタログを貸してもらえたら早いのに。。。

次回は、今回の案に基づいた図面と見積もりが出てきます。

あまり金額が上がってませんように。。。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

外構(1)

本格的な外構の打ち合わせの前に、間取りに付随する形で、駐車場や門の位置の提案を受けました。

最初に提案された駐車場の位置は、道路に垂直に二台並ぶ形でした。

確かに車が出入りしやすい配置ですが、和室の目の前まで車があるため、和室の窓から出にくいし、洗濯物が干せないというデメリットがありました。

元々、車は一台しか置かず、もう一台はお客様用に確保した分というお話をしたところ、道路に垂直と平行に一台ずつ置く形を提案されました。

これだと和室の前も広く、庭も有効に使えそうです。
また、元々は家の北西に置こうと思っていた、タイヤをしまう倉庫や自転車置き場のスペースも、東側の車の横に確保できました。
木の位置は、目隠しになるように試しに入れてもらったのですが、なかなか良さそうです。
門とポストは一体型で、道路に平行に止める車の邪魔にならないよう、道路よりも少し内側に置いてみるようにしてみました。

とりあえずアウトラインが決まりましたが、これからもっと具体的に詰めていくことになります。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

間取り(5)

契約後の打ち合わせにて、間取りがまたまた変更になりました
もう大きく変更しないと豪語していたのに...案の定です(笑)
なんと二個前に提案された間取りに近い形に戻りました!

案5

一度は洋室を一部屋減らし、寝室を広くしたのですが、やっぱり将来的に子供が二人になった場合を想定して、洋室は二部屋に戻しました。
子供が一人の時は、余った洋室は書斎兼物置になる予定です。

また、寝室を広げるために廊下を曲げて、納戸のスペースをウォークインクローゼットとして寝室にくっつけました
建築士さんが出してくれた、この「廊下曲げ」アイデアには脱帽!
自分達で部屋の配置をパズルのように組換えていた時には思いもつきませんでした。さすが餅屋は餅屋ですね~

また、リビングの三枚窓を四枚窓に変更しました。
これは、この間行った夢工場のモデルハウスで実際に三枚窓を触ってみたところ、窓が重いことに気づいたからです!
真ん中の窓が大きいので、片側に寄せる時にけっこう力が必要で、女性にはきつかったのです。

その代わり四枚窓だと、二枚ある真ん中の窓を一枚ずつ左右に開けるので、普通の窓を開け閉めするのと変わりがなく、憧れの広い窓をゲットできるというわけです


あとは、図面では分かりにくいのですが、以下を修正しました。
廊下の物入れを無くし、代わりにリビングの物入れを大きくした。
玄関を引き戸にするために窓と下駄箱の位置をずらした。
キッチンの換気扇の排気口を道路から見える南から東へ変更。
屋根の軒を全体的に伸ばす。

設計士さんが提案しながら、サクサク図面を修正してくれるので、今までにないハイペースぶりで案が固まりました♪
後は実際に図面を引いて、もっといい案があれば提案してくれるそうです。
かなり納得のいく案ができたので、今度こそ本当に大きな変更はないはず!?(ただし、金額が大きく上がらなければですが
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

住まいの夢博(夢工場)に行って来ました

積水ハウスでは、各地域に様々な性能を体感できる施設「住まいの夢工場」というものがあります。
今回、リニューアルオープン記念としてそちらでイベント「住まいの夢博」が行われるというご案内をいただき、行ってみました!
会場には、みなさん東北の各支店から貸切バスやマイカーで参加していました。

住まいの夢博
http://www.sekisuihouse.com/liaison/region/lia01/tohoku-f/kengaku/index.html

会場は積水ハウスの工場の一画に設けられていました。
性能を体験できる施設と、モデルハウスが二棟(軽量鉄骨二階建てとシャーウッド平屋建て)見学できました。

内部は撮影禁止のため、性能を体験できる施設は下記の公式のレポートをご覧になってみて下さい

住まいの夢工場の公式レポート
http://www.sekisuihouse.co.jp/yume2/report.html

特にアルミと樹脂と複合サッシの違いが、触ってみて体感できたのがよかったです。
アルミ樹脂複合サッシもまあまあですが、樹脂サッシは触っても本当に冷たくないんですよ!
でも、その分窓ガラス面積が狭くなってしまうので、北海道などを除いた地域ではむしろ日照を取り入れるために複合サッシを標準としているとのこと。なるほど

また、夢工場の外でも二つの実験を行っていました。

防火実験では、外壁の目地が外からの火に対して内部に熱を伝えにくい性能になっているのを、実際にバーナーで外から炙ってから内側を触って体感するデモをしてました(他メーカーの目地はデロデロに溶けて中ま火が入り込んで来てました)。

外壁の衝撃耐性では、一般的な外壁とダインコンクリートの外壁にボーリングの球を思いっきりぶつけるという力技をやっていました
ここで、ハプニング!!
社員の方が力を入れすぎて、ボーリングの球が一般外壁を壊し、後ろにある倉庫のシャッターにめり込んでしまってました!!
他の社員の方々が慌てていて面白かったです(そこ?!)。
あ、ちなみにちゃんとダインは壊れてなかったです。

そして今回楽しみだった初の平屋のモデルハウス!
山本さん家と名付けられ、熟年夫婦+犬(さくら)が実際に住んでいる設定で、家具や小道具が配置されていました。
この前見学した建売住宅よりは設備が豪華だったりするのですが、間取りの仕方や、広さの感覚、寝室の床がフカフカだったり、トイレの壁を一部だけオシャレタイルにするといった細かい部分まで参考になりました

早速取り入れようと思ったのが、玄関のドアを引き戸にすること
ドアストッパー要らずで便利だな~とあらためて実感しました。
現在の間取りでは、ドア一枚分の引き戸ならできると営業の方がおっしゃってたので、その方向でいきたいと思ってます♪

会場では、他にもちびっこが楽しめる色々なイベントの他に、昼食やドリンクも無料でいただけちゃいました
昼食は東北にちなんでか、豚汁・石巻焼きそばの他に、おにぎり・唐揚げ・ランチパック・ドリンクまで!
(住宅代金からこれらすべての費用も取られてるんだろうな~)なんて心の声は置いておいて、美味しくいただきました(笑)

私達は契約後に参加しましたが、契約前の方が参加したら、こんなに安心できる性能なら契約しよう!と思ってしまうようなイベントでした
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

まちなみ参観日に行って来ました

間取りや内装、外装の参考にしようと思い、積水ハウスの分譲住宅フェア「まちなみ参観日」に行って来ました

下記は実際に行ったところではないですが、参考までに。
http://www.sekisuihouse.co.jp/bunjou/kouchi/makiedai/machinami2012s/

受付で、既に契約済みだが参考にしたいので見学したいとお伝えすると、担当の方が快く案内してくれました。
内部見学したのは、まったくタイプの違う二件の建売物件。
100インチのプロジェクター付きなオーディオ店とコラボのエコルドと、木のメーカーとコラボのシャーウッドでした。
その他に、販売中の建売の外観も見せてもらいました。

豪華な展示場と違って現実的な?お家なので、自分の考えている間取りがこんな広さなのか、とか床材の色合いや並べた時の歪み具合なども確認できて参考になりました!

例えば。。。

無垢材のフローリングって、本当に板張りというかんじで木のぬくもりが好きな人にはたまらないけれど、歪みが出て来たりお手入れが大変そうだな~。

カーテンレールが窓上ではなく、オプションで天井からすぐ下に付けられるのは、スッキリ見えてオシャレだな~。

和室はパーテーションでリビングと仕切るつもりだったけど、きちんと壁とふすまで仕切る方が、独立した部屋として使いやすそう。

エアコンの位置をカウンターキッチンの壁部分につけると窓際がスッキリして良いかも。


外壁は、エコルドとダインコンクリートは、見本で見るよりも実物は重厚感が全然違う!ダインも色とパターンによって全然違った雰囲気になるな~。

壁の色と軒下の色の組み合わせでも家の印象が全然違う。

植栽があるとないのでは、家の印象が全然違う!やっぱり植栽がある方が温かみがあって素敵

といった、実物を見て初めて分かる細かいことに気づけて、行った甲斐があったと思いました。

ちなみに、既に住まわれてる建築条件付き分譲地もちらっと見たのですが、平屋は二件のみ。
しかも平屋を建てるには2区画購入しないといけないそう
そりゃ~平屋を建てる人が少ないのも納得です
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

契約しました!

とうとう、積水ハウスと契約しました

相談し始めて、約一ヶ月。
こちらはもちろん、営業の方にとってはやっとという思いの契約だったと思います
契約書を確認しながら読み上げた上で、サインと印を押し、契約手付金と収入印紙代を支払いました。

いよいよ、次からは間取りだけでなく、設備や内装、外装などをインテリアコーディネーターさんも交えて本格的に決めていくことになりました
ここからの作業がめんどくさいんだよ~と、家を建てた方から良く話を聞きます
でも、むしろ私達的には、ここから細かく予算を下げていこうとしているので、気合いを入れ直して頑張りたいと思います

ちなみに、次回打ち合わせからは、お昼を積水で用意してくれるそうです
なお、この日も夕方からの契約作業だったためか、美味しいお弁当をいただきました。

こういう食事代もがっつり費用に含まれているんでしょうね~
嬉しい反面、その分、家を安くして欲しいのが本音だったり(笑)

ともあれ、やっとスタートを切れて喜ばしいことです
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。