FC2ブログ

プロフィール

しゃーろっく

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

積水ハウスとの打ち合わせ(10)番外編

しばらく更新しなかった理由として、忙しかったこともありますが、実は色々とトラブルがあったためでした。
詳しくは書きませんが、一時期お互いの信頼性が保てなくなり、契約を破棄しようかと思い悩む事態まで陥りました。
結局、お互いに納得のいく形で最終契約までたどり着き、先日地鎮祭も無事に終了して、やっと着工となりました。

たまたま、私達のケースが稀だったかもしれませんが、このブログを見て、これから契約や打ち合わせを進めて行こうとされている方に、以下を気を付けるようにお伝えしたいと思います。

打ち合わせでは、毎回細かくメモを取ること(これが一番重要)。
・「契約後に色々と変更できるから」という言葉に乗らず、各プランの違い、間取りや設備に至るまで徹底的に調べて、それらを盛り込んだ上で、契約を行うこと。
・「見積もり」と「仕様書」、「図面」は細部に至るまで、チェックすること。特に変更があった場合は要注意。
・「見積もり」と「仕様書」、「図面」で気になる点は、すぐにその場で質問すること。
・相手のスケジュールに合わせず、納得するまでとことん話し合いをすること。

色々とあったため、私たちの場合、契約金額からかなりの金額アップとなりました。
なんとか捻出できる額ではありましたが、あわよくば減額を狙っていただけに残念です。
こちらの勉強不足な面も多々ありましたが、契約前にもっと色々調べて慎重に打ち合わせておけば、と思っています。

なにはともあれ、納得のいく形で着工となったので、今は出来上がりを日々楽しみにこっそり現場に足を運ぶ毎日です(笑)
今後は、外部業者にお願いする外構について細々と更新することとなりますが、引き続き皆さんの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

積水ハウスとの打ち合わせ(9)

しばらく更新していなかったのですが、打ち合わせはすべて終了したため、ここでは約1か月間、毎週行っていた打ち合わせについて端折って書きたいと思います。

インテリアコーディネーターさんとの打ち合わせ
壁紙、床板、畳、扉、収納、カーテンレールの色や形の決定。
照明やスイッチの種類や位置の決定。
設備の選定。

一つ一つサンプルを見たり、展示品を見たりして決定しました。

最初は、全部決めるなんて物凄く大変な作業のように思われましたが、さすがプロ!
インテリアコーディネーターさんが、間取りや好みを聞きながら次々に提案してくれるので、イメージが沸きやすく、意外とサクサク決まりました。

ちなみに我が家のテーマは「和モダン」
ということで、全体的に落ち着いた色を採用しました。
特に、寝室とトイレはプライベートな空間なので、シックな色合いにまとめてみました。
マテリアル書2

ちなみに「エアキス仕様」のため、一定面積をエアキス仕様の壁紙を採用しないといけないことになっています。
このため、選べる壁紙に若干制約がありました。
しかし、それを利用してテレビの後ろや和室の一部にエコカラットを入れて、アクセントにしたりと楽しむ要素もできました

最終決定後には、実際の壁紙を切り取って貼り付けた「マテリアル書」なるものを戴いて、イメージを具体的に確認できます
マテリアル書1

設備については、「設備関係」の方にそれぞれアップしましたので、そちらをご覧ください♪
実際に各メーカーのショールームで実物を見学し、それぞれのメーカーで仕様決定と見積もりをお願いし、その情報を積水に回してもらうという形で導入しました。
やはり、実物を見ないと色や機能は分からないので、ショールームに行くことをおすすめします!

間取りについても、「間取り」ツリーにまとめてアップしましたのでそちらをご覧ください☆

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

積水ハウスとの打ち合わせ(8)

今回は、新たな見積もりについて説明があった後、間取りの修正、壁や窓及びドアの種類、エアコンの位置などを決定しました。

まずはドキドキの見積もり
色々変更したため、約100万円のアップです

予想はしてたものの、やはり結構上がりました
ただし、高かったのは予想していたものではありませんでした!
屋根を全体的に軒を伸ばしたところや、部屋を増やしたところが高いのかと思いきや、そこは対したことなかったのです。

ずばり高かったのは、玄関の引き戸と四枚窓!

普通の片開き戸が15万円なのに対し、引き戸は40万円!

三枚窓が24万円だったのが、四枚窓は47万円!!

引き戸はガラスに格子が入ってるものですし、四枚窓もガラス面積が増えてますし、ガラスが高いってことなのかもしれません。

引き戸はどうしても譲れないとしても、四枚窓は金額が折り合わなければ諦めるかもしれません(弱気)。

次に間取りの修正や諸々の決定
間取りは、前回のラフ画から大きな変更なしでいけそうです!
窓の開閉式の換気口を外してもらったり、収納の変更など、細かい修正で済みそうです。

続いて、サンプルを見ながら色々と決定!全体的に落ち着いた色合いにまとめました。
事前に展示場や住まいの参観日で大体の色合いを考えていたので、スムーズに決まりました。

外壁:ダインコンクリートの小端積みで、色はセラミックホワイト(真っ白より少し落ち着いた色です)
サッシ:シルバー
屋根:平板瓦のストレートブラック、軒もそれに合わせた暗い色
玄関の引き戸:格子タイプの色はウォールナット

次回は、いよいよインテリアコーディネーターさんも加わって内装や設備の打ち合わせです!
またまた、細かく金額が上がりそうな悪寒、ではなく予感(笑)
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

積水ハウスとの打ち合わせ(7)

契約後、初めての打ち合わせを行いました。いよいよ建築士さんも一緒に打ち合わせとなります!

今回は、大きな所から確認ということで、土地に対する建物と駐車場の位置から始まり、屋根の形や窓とドアの位置、間取り、最後に備え付けの収納関係の案を詰めていきました。

まず、かねてから夫がこだわっていた屋根の形について。

平屋のカタログを戴いた時から、写真のような四寸勾配の軒が長い屋根に憧れていました。
前回の夢工場のモデルハウスを見て、ますますその熱が高まってしまったのです。
今更ながら四寸勾配にして軒が伸ばせないかお聞きしました


結論からいうと、今のプラン(イズオーダー)では無理!


あらためてプランの説明をされたのですが、四寸勾配の屋根はビーサイエでのみ扱っていて、他のプランは五寸勾配なのだそう。
なお、ビーサイエは外壁がダインコンクリートではなくエコルディック外壁になってしまうそうです。
さらに!今から仮にビーサイエに変更して軒を伸ばすと、金額はかなり上がるとのこと。営業の方の顔色が青ざめます
さすがに、駄目元でお聞きしたことだったので、プラン変更は諦め、せめて今の屋根で軒だけ伸ばした見積もりをもらうとこにしました

仕切り直して、まずは駐車場の位置の変更。
和室の外に車が迫っていて窓から出にくいことを伝えると、あっさり駐車位置を変えた図面を提案されました(下写真の青い線の位置から赤い線の位置に変更)。

レスポンスが早いって素晴らしい!!
サクサクっと、外構の大まかなイメージが固まりました。

次に、窓やドアの位置と形。
以前営業の方に伝えていた要望は、あまり建築士さんに伝わっていませんでした
あらためて、寝室の窓を掃き出し窓へ、玄関を引き戸に変更してもらいました。
玄関の引き戸は、本当は閉めていても一部網戸になるタイプが良かったのですが、扱いが無いとのことで残念。
よくある格子のタイプと内側に網戸をつけてもらうことにしました。
リビングの窓も、三枚窓から開きやすい形の四枚窓へ変更。
カタログを見ながら、こちらもサクサク進んでいきます。

そして、問題の間取り!
ここで以前提案されていた間取りにやや戻し、前回減らした洋室を二つに戻しました
それに伴い、廊下や収納の位置をずらしてかなり納得のいく間取りになりました
変更部分は主に赤い線で囲んだ部分。


自分達であれこれ悩んでいたのが嘘みたいに、こちらの提案に対し建築士さんが目の前でサクサクと変えていく様は、まさに魔法のよう

契約前の打ち合わせから居てくれれば早かったのでは?と思うのですが、そうもいかないのでしょうね
今度こそ大きな変更はない、はず!!(笑)

最後に、備え付けの収納もカタログを見て決めました。
あのカタログを貸してもらえたら早いのに。。。

次回は、今回の案に基づいた図面と見積もりが出てきます。

あまり金額が上がってませんように。。。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

積水ハウスとの打ち合わせ(6)

積水ハウスとの打ち合わせも今回で6回目。
こんなに回数を重ねているのですが、実はまだ契約してないんです
最初に提示された見積もりが、当初予算をはるかにオーバーしていたため、何とか金額をすり合わせようともがいていたことと、知り合いで積水ハウスで建てた方の意見(ネバレバオチル)を取り入れ、回数を重ねてきました。

しかし!今回の打ち合わせで、間取りも大体納得のいく案に固まりつつあること、これ以上は大幅に見積もりが落ちるとこはないだろうということ、何よりここまで親身に付き合って下さった営業の方を信頼して、やっと契約することにしました
契約するとこを伝えた時、営業の方はもうちょっとで泣きそうな顔をしてました(こんだけ引っ張れば、そりゃそうだろう
散々気を揉ませましたが、これからも末長くお世話になります

ちなみに、見積もり金額については、サービス的な値引きはありませんでした
どこをどうすれば金額が落ちるかをアドバイスされ、それに基づいて間取りを調整して坪数を減らしたり(これが一番大きなカット)、部屋数を減らしたり、オプションを削ったりして、金額を落としたまでです。
今後、壁紙や床材などオプションで増額した分は、多少引いてもらえるとのことなので、そちらに期待したいです

という前段は置いておいて、今回は契約にむけての追い込みをかけるためか、重要事項の説明と間取りの打ち合わせを、初めてショールームのある支店の方で行いました。

重要事項の説明
これは、過去にあった姉歯建築士の耐震偽装事件以降、義務づけられたそうです。
建築士法の規定に基づく重要事項の説明を、建築士さんから受けないといけないそうです。
内容は、設計業務と工事管理業務についての説明と、これらを誰が受け持っているか、再委託しているかどうか、についてでした。
積水ハウスでは、どちらも社員の建築士さんが受け持ち、再委託はしていないとのことでした。何だか安心ですね

次に間取りの打ち合わせ
詳しくは「間取り(4)」をご参照下さい
前回の提案を元に、やっと納得のいく形が大体出来上がりました!
細かい修正は入れたものの、契約前の調整はこれでひと段落つきました。
あとは、最終契約までに細かい所を考えていくことになりそうです。

金額ダウンのために、以下はカットすることとしました。
サイクロンシステム、浄水器、エアコン(施主支給)勝手口ポーチ(外構費用に混入)

ダイン外壁は、気に入っているためやはり外せず。
エアキスは、エアキスの時に選べる壁紙もあるみたいなので、選択肢を広げるために保留。
シーカスについては、地震で中のダンパー(ゴム)が伸び切って交換したという噂を聞いたのですが?とつっこんでみたのですが、そこには触れず、平屋だとシーカス入れなくても内部被害も大差ないし、保険が安くなるわけでもないから、無くても問題なしとのことでした。こちらもとりあえず保留。
水周り設備に関しては、積水と知り合いと両方で見積もりし、安い方を採用することにしました。

そんなこんなで、いよいよ次回は契約です
契約金と印紙代(現金)、実印を忘れずに準備して臨みます!
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。