FC2ブログ

プロフィール

しゃーろっく

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンオプションについて

ショールームでは、他にもシステムキッチンやカップボードのオプションを色々紹介してもらいました。
いずれもつけませんでしたが、感想を参考までに。。。。

引き下ろし式吊り戸棚
棚を手動で下まで下ろすことができるものです。
重いし、でかいし、入れられる量が減るし、カタログで見るより便利ではない
入れる人は少ないとのこと。確かにこれは要らないです。。。

電動式シンクキャビネット
シンクの下のキャビネットに軽く触れるだけで、自動で開きます!
うっかり触って開いてしまい、びっくりしました!
スイッチを切れば普通の手動に戻るので、お子さんがイタズラする時期は手動にすることも可能です。
以前、テレビで芸能人の杉本彩さんのキッチンにこの機能が付いているのを見たことがありますが、確かに便利ではありますね。
でもお値段が可愛くない。。。
庶民は手で開けますから良いです~

キッチンのワークトップがストレートステンレス
いわゆるボコボコのない、本当のステンレスです。
料理研究家や料理にこだわりのある方が、あえて選ぶそうです。
もちろん傷つきやすいそうですが、傷がついてこそなんぼ!きちんとお手入れしてピカピカにするぞ!という考え方だそうです。
確かに、プロのキッチンはオールステンレスですよね~。
こちらも、お手入れの手間を考えて却下です。

ワークトップだけでなくシンクも人工大理石
これは、絶対にやめた方がよい!と営業の方に止められました!
時間が経つと色がくすむし、食器を落とすと簡単に割れるそうです。
これこそ、見た目重視の品物だそうです。
ごく稀に選ぶ人がいるそうです。

カタログで見ただけでは分からないことって、本当にあるものですね。
やはり出来ればショールームに足を運ぶことが大事だな、と実感しました
スポンサーサイト

カップボードについて

システムキッチン同様、カップボードもクリナップのクリンレディを選択しました。

カップボードは、食器棚部分や引き出し部分、吊り戸棚部分など、各パーツに分かれています。
最初は、カタログに載っているパターンしか選べないと思ったのですか、クリナップの方に聞いたところ、実はそれぞれ好きに組み合わせられるとのことで、ショールームで実際に見ながら決めました。


当初選んだのは、黒色で印刷されているパターンでした。
右側から、食器棚、電化製品入れ、引き出し付きゴミ箱スペース、そして上部に吊り戸棚です。

ここから二点変更しました(手書きの赤線部分)。

一つ目は、ゴミ箱を大きいサイズのものを入れたかったため、ゴミ箱スペースの引き出しを一段にしました。
大きいものはキャスター付きを購入予定です。
小さいゴミ箱ならば、蓋つきのものも蓋を開けてもぶつからないので、入りそうです。

二つ目は、電化製品入れを引き出し4段に変更しました。
これは、炊飯器を蒸気レスのものに買い替えて、カウンター部分に乗せることにしたからです。
これは、引き出し式の電化製品入れだと、いちいち引き出すのが手間だったからです。
また、引き出し式ではなくファン付きの棚にすると値段もアップするため、だったらそのアップする分で炊飯器を買い替えた方が早い!と思ったのです
カウンター部分に、電子レンジ、トースター、炊飯器を並べて、使いやすい配置になりそうです。

システムキッチンについて

今回は、主婦の一番の力の入れどころ、システムキッチンについて書きます。

積水の標準プランでは、システムキッチンは「クリナップ」または「パナソニック」が選択できます。

ここで、知り合いの水回り関係の仕事をしている方にお聞きしたところ、
「迷わずクリナップにした方が良い」
理由は、クリナップは老舗で物がしっかりしているから、10年後の持ちが全然他のメーカーと違うよ!とのこと。

ということで、まずはクリナップを選択しました。

今回標準で入っていたのはクリナップの「クリンレディ」というシリーズ。
http://cleanup.jp/sp/?banner_id=0527y59

ネットの口コミを見たり、ショールームを見学して各パーツ?を次の通りに選択しました。

1.ワークトップ
 ステンレス(コイニング柄(ドット柄))にしました。
クリナップの営業の方もおっしゃってたのですが、人工大理石は見た目は綺麗だが、やはりシミができやすく、シミ・傷ができると一回5万くらいで削らないといけないそうです。
対して、クリナップのステンレスは、表面にドット加工がされているため、傷つきにくく持ちがよいとのこと。
偶然、今住んでいるアパートがこのステンレスで、新築で入居して10年経っても綺麗で手入れがしやすいので、迷わずこちらにしました。

2.レンジフード
 デモで見せていただいて、すっかり気に入った「洗エール」にしました。
http://cleanup.jp/kitchen/cleanlady/cl_built_ragehood.shtml
 これは、お掃除がすごく楽ちん♪
月一回、給湯トレイにお湯を入れて本体にセットし、洗浄ボタンを押すとファンフィルターに集めた油汚れを自動で洗浄してくれるのです!
約10年間ファンフィルターを取り外さずに掃除できちゃうなんて、すばらしい☆
キッチンで一番掃除したくない場所も、これで楽勝です!

3.食器洗い乾燥機
 ネットの口コミを見て「深型」タイプのもの。
浅型には入らない大きいお皿も楽々入るし、家族分の食器も一気に洗える大容量です。

4.キャビネット
 うきうきポケットという、小物入れが自動的に上がってくるポケットがついていたのですが、そこだけ壊れそうな予感がしたので、うきうきしないタイプに変更して金額を下げました。

5.IHクッキングヒーター
 パナソニックの3口IHで、ラクッキングリル付のものにしました。
標準では2口IHとラジエントヒーターが付いていたのですが、ラジエントヒーターは使わないし、そこだけ熱いので小さい子には危ない!という口コミを見て、3口にしました。
 ラジエントヒーターとは
http://www.best-alldenka.jp/product/ih/ih_sikumi_rh.htm
 そして、ラクッキングリル
ヒーター部分が隠れていて庫内が楽に拭ける構造の上、焼き網がないのでお掃除が簡単♪
クリナップ営業の方曰く「お魚がふっくら美味しく焼けるよ~」とのこと。
実際にお魚を焼くのが楽しみです!
http://sumai.panasonic.jp/ihcook/feature/racook.html

キッチンは毎日使うところなので、使いやすそうなものを選べて満足です。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

IHクッキングヒーターかガスコンロか

調理コンロをどちらにするか、今までガスコンロしか使ったことのない私には迷いどころです。
一応オール電化にしようとは思っているのですが、IHのあの薄いパネルにイマイチ信用がおけない....

そんな時は口コミにかぎる!
ということで、職場の方々にどちらを使っているか聞いてみました。

ガス派(1年前に最新ガスコンロを購入した人)
1.IHより火力がある
2.鍋底が一定の温度になると感知して火が止まるので、鍋を焦がすことはないが、煮込んでる途中で勝手に火が消えることもある。
3.火の調節がタッチパネルの目盛りでできる

IH派
1.炒め物はやや火力が足りない気がする
2.底が一定の温度になると感知して火が止まるので、鍋を焦がすことはない。年老いた両親に大好評。
3.火が出ないので、小さい子供にも安心。
4.グリルでお魚が綺麗に焼けるし、掃除が簡単
5.フラットなので掃除が楽
6.換気扇がほとんど汚れないので、掃除が簡単
7.IH対応の鍋やフライパンでないと使えない(最近はほとんどの鍋が対応している)
8.電磁波が体に及ぼす影響が不確定

8の電磁波問題は、確かに、海外の論文で送電線から発せられる電磁波で小児癌のリスクが増加するというものを見たことがありました。
また、IHクッキングヒーター自体の電磁波の測定値も、ネットで見てもまちまちで、どうなのかな?と思ってました。一応、下記のサイトの記事は国民生活センターのデータで信憑性があるかもと個人的に思ったので、載せておきます。この件については、また情報を集めて載せていきたいと思います。

国民生活センター
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20030704_1.html

上記の詳細(PDF)
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20030704_1.pdf

とりあえず今現在、ガスコンロで困っているのはコンロと換気扇の掃除なので、今回の意見を聞いてIHにする方向で検討したいと思います。
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。