プロフィール

Author:しゃーろっく
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

外構(4)

外構番外編?です。

外構の予算オーバーで断念したイメージ画像です(T . T)



画像にはありませんが、庭には南側全面に渡る大きなウッドデッキもついていました。
ステキだけど、積水よりも豪華かつ高い見積もりでした。
ここから、前回載せたカット&変更部分を行ったものが実際に発注したものです。
カットしたとはいえ、雰囲気はこのまま維持してもらったので、十分素敵なものになるはずです(^O^)
スポンサーサイト

外構(3)

外構は外部に頼むこととなり、建物着工の直後に、インターネットで見つけた目ぼしい外構業者に見積もりをメールで依頼しました。

ところが!

震災後の新築・改築ラッシュの波は、外構業界にも広がっていたのです(*_*)

どの業者も、
「見積もりを出すのに3ヶ月」
「着工はいつになるか不明」
「打ち合わせもいつ出来るか不明」
と、手厳しい対応。
返事もいただけない業者もありました。

そんな中、すぐにお返事と打ち合わせを行っていただいた業者が一つだけありました!
打ち合わせも、丁寧にこちらの意見を聞いてくれた上で、さらに良い提案を出してくれたり、
綺麗な3D画像でのイメージ図を出してくれたり、
実際に建物を見に来てくれて、建物の外観に合う色や雰囲気の提案を出してくれて、
ここなら安心だ!と思い、契約しました。


しかし、金額は、積水に頼んだ内容で見積ったところ、ほぼ同じ金額でした(*_*)
あながち、積水の金額も高すぎる訳ではなかったようです(;^_^A
ただ、その金額ではさすがに無理なので、以下をカット及び変更することにしました。

○門扉カット
○カーポートカット
○門柱を片袖にする
○植栽を減らす
○エントランスの舗装を最小限に
○フェンスのランクを下げる
○ウッドデッキを二段から、一段で階段付きに変更

それでも、当初予算を100万オーバーしました(>_<)
けしてぼったくりではなく、敷地が無駄に広いため、コンクリートにしろ、砂利にしろ、何を敷くにしても、トータル面積で考えると高くなってしまうのです。
これはもう多少のオーバーは仕方が無いと割り切り、最低限譲れない部分だけを残し、お願いしました。

幸い、積水の現場監督の許可をもらい、竣工検査後すぐに外構工事に入ることができました!
工期も約一ヶ月と、予想以上に早く終わりそうです。
良い業者に巡り会えてラッキーでした(^O^)

家の完成〜引き渡し終了〜

しばらく更新できず、続けて読んでいただいてた方には失礼しました。
9月に子供が生まれ、現場にもまったく行くことができず、
自分にとっても、いきなりお家が完成し、引き渡しが終了した感じでした。
実際に、8月の中旬着工で、引き渡しが11月上旬という、想像以上の早さで完成しました!



現在、外構工事を別な業者の方に行っていただいてるので、まだ完成とはいえない外観です(⌒-⌒; )

出来上がってみると、以下のこだわった点、

○外壁のダインコンクリート
○全体的に50センチ伸ばした軒
○大きな三枚窓
○四角いテレビアンテナ(骨ほねじゃないもの)
○電気メーターのスマートボックス
○積水に頼んだオーダーカーテン

が、想像以上に満足の仕上がりになっていました☆

逆に、入居してみて残念に感じた点は、

○引き戸が予想以上に重い
○廊下が電気が消えると本当に暗い
○リビングの端のクローゼットが影になっていて暗い
○エコキュートのシャワーは水圧が弱い(低圧シャワーヘッドにも関わらず)

特に、引き戸の重さは致命的でした(*_*)
ショールームの引き戸は、軽く引っ張れるレールがついていたので、気づかなかったのですが、
子供が開けるのが難しいレベルの重さなので、失敗したなと思いました。


一方、竣工検査と引き渡し時に見つかった不具合は、

○食洗機の電源が入らない
○部屋の引き戸がきちっと閉まらない
○システムキッチンの引き出しが斜めになっていて、ガタガタする

これらは、指摘してすぐに直していただきました。

トータル的には、たくさん打ち合わせをして、時間をかけて作り込んだだけあって、大満足の家になりました(*^_^*)

今は、片付けも外構も終わらせて、早く友人にお披露目したいな〜と思ってます。

今後は時間がある時に、完成した内部などをちょこちょこ更新していきたいと思います(^_^)

地鎮祭

先日、生まれて初めて地鎮祭を行いました

営業の方からは、以下のことを事前にお話されました。

神主さんに渡す御初穂料として、3万円を用意すること
服装は集合写真に写って恥ずかしくない程度の格好でオッケー
諸々については全部神主さんと積水で準備します

え?それだけ?

何だかもっとこう、色々と準備することがあるんじゃないのかとドキドキしながらも、当日早めに現地に到着。
服装は、あまりラフでも恥ずかしいかなと思い、クールビズで会社に行くような格好で臨みました。

現地は祭壇?やテントが張られ、すっかり準備万端。
おっと!神主さんが車で着替えてました

参加者は、営業の方と現場監督さん、私達の家族のみ。
夫と現場監督には、白い羽織を渡され上から羽織りました。
ここで!営業の方がおもむろに会社の法被(はっぴ)を着たので、危うく吹き出すところでした!
何故に法被?!
祭りだから?!


何とか笑いを堪え、地鎮祭開始。

儀式?自体は、神主さんがサクサクと指示を出しながら進めてくれるので、それに従っているうちに終了しました。

神主さんが何故か途中から、祭壇に乗せてある小型ラジカセをポチッと押して、
「ぷお~ん」
雅楽の曲を流し始めた時は、再び吹き出しかけました!
ここも、かろうじてグッと堪えました。

地鎮祭の中での施主のお仕事は、鎌を持って逆の手で土に挿さってる草を持ち、「エイ!エイ!エイ!」と三回言った後、草を引き抜くこと。

戸惑いながら弱々しい声で行った施主に比べ、現場監督さんの掛け声の大きさと堂々とした態度には惚れ惚れしました
さすが、慣れてらっしゃる!

後は、全員が榊を祭壇に備え、二礼二拍一礼をするだけ。

最後に全員で集合写真を撮って(これもまさかの神主さんが撮ってくれました(笑))、御初穂料をお渡しして終了。
神主さんから、お札と日本酒を一本戴き、日本酒は飲むか料理に使って体の中に入れるようにと言われました。

もっと色々と時間がかかると思っていたのですが、全部で30分もかからずに終わりました。
存外に呆気なかったですが、いよいよこれで着工できるということで、なにか一区切りついた感じがします。
何事もなく、無事に完成しますように

積水ハウスとの打ち合わせ(10)番外編

しばらく更新しなかった理由として、忙しかったこともありますが、実は色々とトラブルがあったためでした。
詳しくは書きませんが、一時期お互いの信頼性が保てなくなり、契約を破棄しようかと思い悩む事態まで陥りました。
結局、お互いに納得のいく形で最終契約までたどり着き、先日地鎮祭も無事に終了して、やっと着工となりました。

たまたま、私達のケースが稀だったかもしれませんが、このブログを見て、これから契約や打ち合わせを進めて行こうとされている方に、以下を気を付けるようにお伝えしたいと思います。

打ち合わせでは、毎回細かくメモを取ること(これが一番重要)。
・「契約後に色々と変更できるから」という言葉に乗らず、各プランの違い、間取りや設備に至るまで徹底的に調べて、それらを盛り込んだ上で、契約を行うこと。
・「見積もり」と「仕様書」、「図面」は細部に至るまで、チェックすること。特に変更があった場合は要注意。
・「見積もり」と「仕様書」、「図面」で気になる点は、すぐにその場で質問すること。
・相手のスケジュールに合わせず、納得するまでとことん話し合いをすること。

色々とあったため、私たちの場合、契約金額からかなりの金額アップとなりました。
なんとか捻出できる額ではありましたが、あわよくば減額を狙っていただけに残念です。
こちらの勉強不足な面も多々ありましたが、契約前にもっと色々調べて慎重に打ち合わせておけば、と思っています。

なにはともあれ、納得のいく形で着工となったので、今は出来上がりを日々楽しみにこっそり現場に足を運ぶ毎日です(笑)
今後は、外部業者にお願いする外構について細々と更新することとなりますが、引き続き皆さんの参考になれば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 積水ハウスへ
にほんブログ村

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。